縮毛矯正芸能人あれこれ

縮毛矯正のアフターケアはどうしたらいいの?

縮毛矯正をした後には、美容院の指示に従ってアフターケアをやることが重要です。
注意すべきとされているのが、縮毛矯正を行った日は髪を洗うと良くないということです。
ただし、これは指示されなったりもしますが、なるべく矯正した日は髪が濡れないように気をつけておきましょう。
理由としては、ストレートヘアを定着させるために、空気に触れさせることにより自然酸化させることが不可欠だからです。
これを怠って髪を濡らすと、ストレートヘアをもたせることができる期間を減らしてしまうのです。
万が一、美容院を出た後に雨が降るなどして髪を濡らしてしまったときには、家に着いたら真っ先に乾かすよう心掛けてください。
また、縮毛矯正をしてから一定期間は髪をゴムで結ばないことも大事です。
あとが作られやすくなるため、できれば2〜3日は結ばないのが無難でしょう。
さらに、耳に髪をかけることにより癖が作られてしまうため、やらないことが大切です。
その日の気分によって髪をアイロンで巻くという人も大勢いますが、縮毛矯正をしてから何日か過ぎるまでは髪を巻くべきではないとされています。
しばらく経過してから行う分には大丈夫と言われていますが、縮毛矯正後間もなく髪を巻けば、ストレートを維持できなくなることが多いので注意が必要です。
学校や会社の規則などで髪を縛らなければいけないケースでは、できる限り髪を縛る力が弱いタイプのゆるいゴムを利用すると良いでしょう。