縮毛矯正芸能人あれこれ

重曹を使って自室のいろんなスペースをクリーンな状態にすることが可能となります。
フローリングをぴかぴかにしたいときも重曹は有効で、重曹を水で薄めたものを床にスプレーし、拭き去ります。
加えて、濡らした後にきつく絞った布で再度床を拭いて仕上げとなります。
カーペットやじゅうたんの場合は、重曹を一面に振りまき、ちょっとの間何もせず、掃除機で重曹やごみを吸い上げていきます。
また、フロア掃除の時と同じ具合に霧吹きを使って水と重曹を融解させたものを一面に噴射させて、軽くぬぐい去ったら再びきつくねじった雑巾で拭いて仕上げるのも効力があります。
それに重曹は臭いを消したい場合にも役立つので、フロアマットやカーペットの悪臭対策にもおすすめです。
でも、フロアや畳の材料によっては重曹が負担をかけてしまうケースもあるため、前もって重曹が使えるかを確かめることが肝心です。
壁の汚れや染みに関しても重曹はしょっちゅう実用されているのです。
少量の重曹を水で溶かしたものを噴射し、拭き終わったら、水ぶきを行います。
汚れがすぐに取り除けないケースは、反復して行えば取り除くことができるでしょう。
けれども、ゴシゴシ擦ってしまうと壁に損害を与えてしまうので、力を加減しましょう。
また、重曹は窓が曇るのを避けたい場合にも良いでしょう。
水に少しの重曹を混ぜたものを噴射して拭き取ると、ガラスの曇りが消え去ります。
しかし、ガラス窓がアルミサッシとなれば、重曹でサッシが傷んでしまうので利用しないようにしましょう。
ライティング関連の汚れも重曹は重宝し、こういった時も水と重曹を混合させたものを用いることをおすすめします。
材質が木や布のものは、重曹は適さないので、これとは別の品物の掃除の時に用いることをおすすめします。