縮毛矯正芸能人あれこれ

縮毛矯正のダメージはひどいの?

縮毛矯正をすることで髪のダメージが増すと捉えられていますが、そのダメージはどの程度のものなのでしょうか。
縮毛矯正は通常のパーマやストレートパーマに比べて強力に作られている薬液を塗るため、髪に与える負担が大きくなります。
しかし、ストレートになると髪の毛が艶々に見えてしまうことから、別に傷んでいないと思い込む人も珍しくありません。
数か月が経過する頃にはストレートパーマの有効性はなくなりますが、縮毛矯正ならいったん終えるとすぐに効き目が薄れたりしないため、こまめにかけ直さないように注意してください。
さらに、美容室で一緒にトリートメントを行ってもらったり、自宅におけるケアにも努めることが大切です。
なるべくなら、縮毛矯正を行う前の一定期間、トリートメントをきっちり済ませ、髪が傷むのを避けられるように努力しましょう。
美容室で取り入れている方法によっても傷み方の度合いは違うので、不安を感じる場合は、はじめのうちにトリートメントのことを確認しておくといいでしょう。
毎日のケアに使用可能な有効性の高いトリートメントを売っているという美容室もけっこうあるため、そんな商品を利用するのもいいでしょう。
普段からカラーリングを繰り返している人は、そうでない人に比べて髪にダメージを負っています。
さらに縮毛矯正を行うのは毛髪の傷みがさらに進んでしまうので、カラーリングをしたら絶対に髪のケアに取り組みましょう。
トリートメントに関しては自宅でも行えますが、数か月ごとに美容院でトリートメントを施してもらうと髪の傷みが緩和できます。