縮毛矯正芸能人あれこれ

確かな技術を備えた美容院であれば問題ありませんが、技術力が不足している美容院で縮毛矯正をかけた場合、残念な結果に繋がりかねません。
どんな失敗例が出ているのかというと、割合が高いのは髪の毛をチリチリにされてしまったというケースです。
この事例は、髪のダメージを最小限にとどめるための前処理がおろそかにされていたり、薬剤を髪に塗ってから長く置き過ぎたことに端を発していると見込むことが可能です。
加えて、縮毛矯正をすることができないほど傷んでいる髪に縮毛矯正をやったとしても、チリチリの髪の毛になってしまう可能性があります。
ストレートヘアはサラッとしていてツヤが出ますが、チリチリになってしまうと髪が整わず、傷みのひどいイメージを持たれてしまいます。
加えて、ストレート具合が左右対称でないという失敗事例も報告されています。
右のほうは満遍なくストレートヘアに仕上がっているけれど、左側はところどころまっすぐになっていなかったりすることも起こり得ます。
また、髪の先はストレートになっているものの、根元のほうがまっすぐになっていないという問題も割とあります。
このようなことは、美容師の技術の足りなさが原因として考えられるため、美容院をどこに決めるかが肝心でしょう。
失敗してしまった場合、美容院側でも失敗であるということを認めてくれた場合には、トリートメントなんかのアフターケアを実施してくれる場合も往々にしてあります。
例えば、タダで何回かトリートメントを実施してもらえるなどのサービスを行う美容院もあるようです。
しかしながら、良い評判を聞かない美容院には通わないことが何よりです。